ハイドロキノン 白斑

MENU

ハイドロキノンの美白効果!シミ還元効果は本物?

 

テレビでも雑誌でも紹介され、かなり認知度が上がっているハイドロキノン。実際、美白効果、シミケア効果、はかなりのもので別名、お肌の漂白剤と言われているほどです。

 

その由来は、シミの原因となる、メラニン色素の生成を抑制する効果もあるのですが、そのメラニン色素をつくるメラノサイトという細胞自体を減少させてくれるのです。

 

そして、気になる美白効果は、美白効果のあるビタミンCなどの、およそ10倍〜100倍の効果があると言われています。

 

ハイドロキノンは副作用が心配?

気になるのは、ちまたでも騒がれた、白斑などの副反応の心配ですね。

ハイドロキノン配合の化粧品では、配合されている濃度に気をつけましょう。

 

1パーセントから5パーセントのものが、購入できるハイドロキノン化粧品の濃度になります。

 

一般的に、4パーセント以下のものは白斑のトラブルは起きにくいと言われています。

 

また、濃度が高くなると、お肌への刺激も感じやすくなりますので敏感肌の方は1パーセントから3パーセント配合の化粧品を使うようにしてみてください。

 

ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど、効果に期待が持てる!というわけでは必ずしもありませんが他の美白成分より高い効果をもたらすケースが多々あります。

 

本来は皮膚科の処方薬として、専門医の判断のもとで使用する成分です。
適切な量と使用をすることが、ハイドロキノン化粧品の効果を高めてくれるでしょう。